防犯対策

家をきちんと施錠していても泥棒はピッキングという方法を使って玄関をあけて侵入してしまいます。

最近はそうした知識も一般に広まったため、ピッキングされにくい鍵を取りつける家庭も増えてきました。

ピッキングできない鍵にしてくださいとお願いする人も居ます。

しかし、注意が必要なのはピッキングを防げたからといって安心とは限らないということです。

ピッキング以外の方法で開けられてしまうこともあるからです。

 

例えば鍵をドリルで鍵を破壊したり、バールのようなもので扉をこじ開けられたりしてしまえばどんなにピッキングが難しい鍵をつけていても侵入を許してしまうことになります。

 

また、鍵を交換するときにピッキングされないように横穴の鍵に変えてくださいという人も一時期増えていました。

それは縦型の穴のディスクシリンダーがピッキングされやすくて危険であるという言説が広まったために横穴のほうが安全だというイメージがついてしまったためだと思われます。

しかし、縦穴なら必ずしも安全というわけでも横穴は危険というわけでもありません。

鍵屋さんに「横穴の鍵にしてください」と言われたら鍵屋さんはお客さんの言われることならその通りにしますと鍵を取り付けてくれるはずです。しかし、その鍵が必ずしも安全で安心できる鍵とは限らないのです。

できれば信頼のできるきちんと鍵について説明してくれる鍵屋さんにお願いをしたいものです。

そのような鍵屋さんなら「横穴の鍵がいいです」といった場合にその鍵のメリットやデメリットまで説明してくれて、ピッキング対策で鍵を交換するならこれこれこういった鍵がいいですよ、と丁寧におすすめしてくれるはずです。

 

現在鍵の中で安心度が高いと言われているのは国産でしたらゴールのV-18やミワのPR。海外のものでしたらスイスのKABAスターなどが高性能の鍵として有名です。